4 住んでたやっすいマンションのお話

専門学生時代の2年間

うっす、げんです。

今回は前に住んでたマンションのお話です。

家賃は3万円代

高校のときに、学校が決まって物件探ししてるとき、とにかく安いところへ、って考えてたら家賃がめちゃ安くて、4万いかないところを発見、

専門学校からのアクセスも良くて、周りのお店もスーパーとか色々あって割と充実してた。もちろんワンルームでユニットバスだけどあまり気にしない人間だから即決。

水道が使い放題

このマンションを選ぶとき、一番の決め手だったのが水道使い放題という事。いくら使っても追加料金とか無し。これは神だった。



とにかく狭い

あほみたいに狭い。人呼べる広さじゃあない。二人はギリ行けるけど3人いたら寝る場所ない、もう一度言う、狭い。

基本家帰ったらベッドの上から動かない。キッチン使うとき以外は動かなくても大抵のものは届く範囲に置けてたから。

「うちも狭いよ」って言ってたやつが泊まりに来たとき、そいつが「あっ…(察し)」て感じだったから相当だと思う。

少量の電力でブレーカー落ちる

これが一番厄介だった。電子レンジとティファール使ったら秒で逝く。

初めてブレーカー落ちたとき、停電かと思った。だって全然電気使ってないじゃんか…。

コンロも電熱式だったから並行して別の料理出来ないし、パソコンつけっぱのときが多いから本当に気を使ってた。壊れなくてよかった。

それでも気を抜けばブレーカー逝ってた。


冷蔵庫は備え付けで、扉が一つの小さいやつ。

2リットルの水が入らない霜取りが大変なやつ、

温度調整ができて、冷凍も冷蔵もどっちもできるみたいなやつだったから、知らないうちに入れておいた卵が凍ってる…なんて事もしばしば。

なのにアイスを入れておくとギリギリ溶ける温度っていう。



洗濯機は1階に置いてあるものを共同で使ってた。

部屋の中に置けるスペースがあるはずもなく。洗濯機、乾燥機を共同のものを使用。

ちなみに洗濯後は室内で、つっかえ棒つかって干してた。重さに耐え切れず何回も落ちてきて、地味にめんどくさい。

まとめ

これが前まで住んでいたマンションのほんの一部です。思い返せばもっと出てくるかもだけど、このへんでおしまい。

文章に起こしてみるとデメリットが多いし愚痴ってるみたいになってる気もするけど、自分にとっては一人暮らしするには十分な場所だったっていうのが正直な感想。

本当にお金が無かったから、安いだけでありがたかったし。

まあ今では割と普通のマンションで快適に暮らしてます。

ではまた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました