【900STの上位版】SONYのヘッドホン『MDR-M1ST』レビュー!

機材

この記事は「ヘッドホン選びで迷っている」「M1STの購入を検討している」

そんな方に向けた記事になります、今後の機材選びの参考になれば幸いです。

MIX、マスタリングに必要なヘッドホン、

もっともポピュラーなヘッドホンはSONYの「MDR-CD900ST」というもので、国内外問わずプロのレコーディングスタジオやアーティストの作業現場で使われていたりします。

そしてそのSONYが新たに「MDR-M1ST」というヘッドホンを販売しました。

これは900STの上位互換に値するヘッドホンで、今後のスタンダードになり得ます。

今回はそんなMDR-M1STの性能について紹介していきます。

サウンドハウス→SONY ( ソニー ) / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン

MDR-M1STはSONYの「MDR-900ST」の後継機

冒頭でも話した通りM1STは900STの要素を引き継ぎつつ、能力を向上させたヘッドホンです。

M1STを語る前にまずは900STについて紹介していきます。

MDR-CD900STとは

MDR-CD900STとは業界スタンダードと呼ばれるヘッドホンで、流行り廃りの激しい中、かなり昔から今に至るまで変わらず愛されてきたヘッドホンです。

フラットに聴き取ることができ、解像度の高いサウンドで全体のバランスを確認するにはもってこいです。

薄めのイヤーパッドによって距離感が近く、長時間の使用は人によっては聴き疲れしてしまうかもしれないですがプロの現場にはほとんどの確率で置いています。

ハイレゾ対応

MDR-M1STは900STではできなかったハイレゾ音源にも対応しています。

SONY独自のドライバーユニットによって可聴帯域を超えるハイレゾの音域正確に再現しています。

各楽器の距離感や、リバーブの残響音を正確に捉え、原音を耳へダイレクトに届けてくれます。

サウンドは別物

サウンドは900STの要素を引き継いではいるものの、少し違った雰囲気のサウンドになっています。

端的に言えば900STは「楽器一つ一つの粗がないかを見極めるためのヘッドホン」で

M1STは「900STの聴き苦しかった帯域が解消され、心地よさが加わったような自然な音」です。

どちらも全体的なクリアさは変わらず、音場の空間も広く感じ取ることができます。

なのでMIX時の聴き比べなどする際に両方持っておいてもいいと思います。

MDR-M1STのその他性能

イヤーパッドの厚みがUP

イヤーパッドが一新され、高級感が増しました。

また、頭部のクッション含め厚みも増し、長時間使用しても痛くならないような配慮がなされています。

ケーブルを本体と分離可能

MDR-M1STはケーブルと本体を分離させることができるようになりました。

これによって本体の収納しやすさが向上し、断線時にも交換が楽です。

また、ケーブルを変えることで起こる音に違いも楽しめることができるため、サウンドの自由度も広がりました。

スイーベル機構を採用

耳に当てる部分を90度曲げることができるスイーベル機構が使われています。

収納する際にも活躍しましが、頭の形状に合わせてフィットさせることが可能です。

耐久性と細かなノイズ除去性能が向上

ジョイント部分にシリコンリングが採用されており、体を動かすことで起こるノイズがされているため、かなりシビアに音を聴き分けたい方にもオススメできるようになったといえます。

そして耐久性や耐落下強度も、今までに販売してきたヘッドホンよりも向上させています。

価格の比較

サウンドハウスを参考に900STとM1STの価格を比較してみると、

SONY / MDR-M1ST

 ¥28,637(税抜)(¥31,500 税込)

SONY  / MDR-CD900ST

 ¥13,800(税抜)(¥15,180 税込)

大体倍ぐらいの価格になっています。

性能が向上したとなればこれくらいの価格差になるのは妥当と思えます。

サウンドハウス

どんな人におすすめなのか

MDR-M1STはどんな人におすすめなのかというと

「始めてモニターヘッドホンを購入したいと考えている方」

「900STや他のモニターヘッドホンを持っているけど聴き比べをするためにM1STを使いたい」という方に強くおすすめします。

M1STは普段使いされているような他のヘッドホンのように親しみやすい見た目になっているので純粋に音楽を楽しむ方にも向いているかもしれません。

まとめ

MDR-900STの問題点だった聴き疲れしやすい点を解消し、サウンド、ノイズ、耐久性など様々な観点で見ても劣る部分がないように思います。

また、デザインも現代に合わせているためMDER-M1STは900STよりもおすすめできる層が広いです。

そして、音楽雑誌の特集を見れば今後多くのレコーディングスタジオで見かけることになるのかもしれません。

SONY ( ソニー ) / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン

SONY ( ソニー ) / MDR-M1ST ハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン

タイトルとURLをコピーしました