28 DTMしてる人はKOMPLETE11を持ってると一気にプロレベルまで近づける(かも)part2

機材

前回紹介したKOMPLETE11、Part1ではソフトシンセだけを紹介したんですが、入ってあるエフェクトも即戦力になるものがあります。

今回は紹介していなかったソフトシンセ&エフェクトの紹介です。

それではどぞ。

SOLID BUS COMP

ドラムのグループやMASTERフェーダーのインサートにかけることで、まとまりが良くなり、音像がスッキリする真空管モデルのコンプレッサー。

そこまでいじらなくてもそこそこの効果が出るからとりあえず入れるみたいな使い方もあり。

Guitar Rig 

スタンダードから変態的なプリセットが揃ってあるアンプシュミレーター。

年代ごとに流行したサウンドはもちろんのこと、それ以外にも種類が豊富で、なにより一つ一つのクオリティが高い。

ヘッドアンプ、キャビ、エフェクターの種類自体が多いため、好きな音を作りやすいかもしれないです。

ベースアンプのプリセットも入ってます。

Supercharger

かなり癖の強いコンプレッサー、でも結構使える。

ヴォーカルに薄くかければパンチが強くなり、ドラムにかけると攻撃的で迫力あるサウンドに仕上がる。

コンプとしても、エフェクトとしての使い方もできるなーっというのが僕の感想です。

MM-BASS

指弾きのベースをサンプリングしたインストゥルメント。

キースイッチとレガートを駆使することでスライドやハンマリングなど、よりリアルなニュアンスを作ることが可能。

ラインの音をサンプリングしてあるため、Guitar Rig と組み合わせて曲ごとに好みのサウンド作りができます。

少し短いけど今回はこの辺で終わり、

次回でKOMPLETE11の紹介は最後です。

実用的っていうよりもちょっと変わっている、面白いものを紹介できたらなって思っています。

さらば。

げんさんのストリーミングはこちら

ピックアップ

34 HDDで作業してる人、外付けでいいからSSDに変えたほうがいい…かも?

タイトルとURLをコピーしました