9 SHUREってマイクだけだと思ってる?高音質イヤホン「SE215」レビュー

機材

音楽活動をしているひとであれば知らないひとはいないのでは?というくらいに有名なメーカー、その名もSHURE(シュアー)SM58というSHUREの代表的なマイクがありますが、マイク以外にも有名なものがあります。それは SE215 というイヤホンです。今回はそんなSE215の魅力を紹介していこうと思います。

フラットでバランスのとれた音

聞いていて若干高音域が強調されているように感じますが、フラットめではあります。リスニングとして普段使いできる上、モニターとしても役に立つため、MIX時にはヘッドホンとイヤホン交互に使うこともあります。

装着感のいい形状

耳にフィットする形になっているため、激しい動きをしても外れにくいです。また、ケーブルを耳にかけるシュア掛けによって移動時に起こるタッチノイズ(ケーブルが衣類に擦れて起こるガサガサ音)が起きません。ランニング用などの運動時に使うこともできますが、周りの音が全く聞こえなくなるので注意が必要かもしれないです。



ハイクオリティなのに安価

イヤホンとしてのクオリティが高い上、数万円で数多くのイヤホンが売られているこのご時世でも1万円いかない値段で購入できるため、ストパフォーマンスも優れています。この値段で同じ性能のイヤホンはなかなか無いと思います。

リケーブルでオリジナリティを出せる

イヤホン本体とケーブル部分を取り外せるため、ケーブルがダメになっても取り替えることでまた使うことが可能です。SE215のケーブルは割と長めに作られているため、種類の違うケーブルを使って短めにしたり、ケーブルによる細かな音の違いを聴き比べてみてはいかがでしょうか。 

SEシリーズのイヤホンを少し紹介

SE215SPE-ASpecial Editionトランスルーセントブルーというクリアカラーのボディが綺麗です。SE215の構造をベースに、低音を強調したチューニングを施してあります。モニターとして欲しいひとはSE215、音に迫力が欲しいひとにはSE215SPE-Aといった感じでしょうか。 SE846SEシリーズの最上位機種です。僕が今最も欲しいイヤホン。イヤホンの中で高価なものが多い構造であるBA型(バランスドアーマチュア型)の中でも他の追随を許さない一品です。イヤホン本体のパーツを付け替えることによって音のキャラクターをカスタマイズできる点も一つの特徴。ヨドバシの視聴コーナーで聞いてみたんですけど、音の再現度が高く、楽器一つ一つがどこにいるのかイメージ出来るため、音源を作ったエンジニアごとのキャラクターも思い浮かんできます。(何言ってんだ)ワイヤレスケーブルやケースなど、付属品が充実している点も評価が高いです。ただ、高い。10万超える、でも欲しい。

まとめ

SEシリーズのイヤホンは最近リニューアルしたため、パッケージや付属品が変わり、値段の上がったものもありますが、SE215はパッケージ以外特に変化は無いようです。イヤホン選びに悩んでいる方、ぜひ一度SEシリーズのイヤホンを視聴してみてはいかがでしょういか。では、さらば。



コメント

タイトルとURLをコピーしました